Python プログラミング

[python]CentOS7にPython3系をインストール

投稿日:



どうも@EaEです!

少ないながらも読者がいるので、失礼のないようにご報告です。

ブログのスタイルを少し変えようかと思います。
私事ですが、ここ最近は面白い案件に立て続けに関わらせてもらえているおかげもあり、非常にいいInputが増えている状態です。

ですが一方で、Outputしようとまとめている内容が全く追いついていないのが現状...
ということで、質は必要最低限で、『Outputする』ことを重視してみたいと思います!

Outputした内容に関しては、『公開後に内容を厚くしていく』というスタイルで当分はやってみようかと思いますので、温かい目で見守ってくれるとありがたいです。

概 要

経 緯

VirtualBox上にVagrantで構成したCentOS7に対して、Pythonをインストールして開発が可能な状態にしてほしいと依頼。
Ubuntu上にインストールした経験はあるが、CentOS上には1からインストールしたことがない。

目 的

CentOS7に標準でインストールされているpythonが『2.6』だったため、Python3系を新たにインストールする。

構築環境

・ホストOS : Windows10 home
・ゲストOS : CentOS7 (Vagrant Cloudから)
・VM : VirtualBox 5.2.12
・Vagrant : 2.2.0

IUSを追加

IUSとは?

IUSコミュニティプロジェクトで管理されているリポジトリで、Linuxディストリビューション用のパッケージを提供している。
プロジェクトの目標にも記載されている通り、RedHatとCentOS用のパッケージを提供している。
まずは、リポジトリを追加。
$ sudo yum install -y https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

リポジトリが追加できたら、python3のパッケージが存在しているか確認を行う。
$ yum search python3

ちなみに python3 で検索すると、python3系に関わる全てのパッケージがヒットしてしまうので、検索を絞りこみたい場合は、
$ yum search python34
$ yum search python35
$ yum search python36

のように検索することで、上からPython3.4,Python3.5,Python3.6と絞りこむことができる。

python3系のインストール

search結果を見る限り、python36uが最新なので、 python3.6 をインストールしていく。
python36.x86_64 : Interpreter of the Python programming language
python36-chardet.noarch : Character encoding auto-detection in Python 3.6
python36-click.noarch : Simple wrapper around optparse for powerful command line utilities
python36-coverage.x86_64 : Code coverage testing module for Python 36
python36-debug.x86_64 : Debug version of the Python runtimepython36.x86_64 : Interpreter of the Python programming language
python36u.x86_64 : Interpreter of the Python programming language
python36u-debug.x86_64 : Debug version of the Python runtime
python36u-devel.x86_64 : Libraries and header files needed for Python development
python36u-gunicorn.noarch : Python WSGI application server

インストール時は対象のパッケージを指定する。
$ sudo yum install python36u

とりあえず、これでpython3.6用のインタプリンタはインストールできたが、ライブラリも何も存在しない状態なので、別途インストールしてやる必要がある。
インストールすべき対象物に関しては、先ほどsearchした結果の右側にパッケージの詳細が記載されているので、必要に合わせてインストールしていく。
今回は3つのパッケージをインストールする。
$ sudo yum install python36u-pip python36u-libs python36u-devel

1つ目の python36u-pip はPython用のパッケージ管理ツール。
2つ目の python36u-libs はPython用のランタイムライブラリ。
3つ目の python36u-devel  はPython開発に必要なライブラリとヘッダファイル。

動作確認

python のコマンドで実行したいところだが、以下のようにすでにPython2系が設定されている。
$ python -V
Python 2.7.5
$ python3.6 -V
Python 3.6.5

そのため、 python3.6 で対話形式を開始することができる。
$ python3.6
Python 3.6.5 (default, Apr 10 2018, 17:08:37)
[GCC 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-16)] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

  • この記事を書いた人

@EaE

ぬこ様とC#をこよなく愛する27歳です. 医療:理学療法士から、IT:システムエンジニアへ華麗?な変身をとげました. サーバーサイドエンジニアとして、日々奮闘しています. 今年の目標は、頑張ってWebサービスを作ります!!

-Python, プログラミング

Copyright© Developer Wall - 開発の壁 - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.